次期「iPhone」は従来よりも早期に生産が開始され虹彩スキャン技術も搭載か!?

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

DIGITIMESが、業界筋の話によると、次期「iPhone」のサプライチェーンメーカーは、従来の予定よりも早く、2017年の第1四半期後半に次期「iPhone」生産のための部品の提供を開始するようだと報じています。

スポンサーリンク

ワイヤレス充電や虹彩スキャンを搭載か

2017年に発表される次期「iPhone」シリーズは、4.7インチの「iPhone 7s」、5.5インチの「iPhone 7s Plus」、5.8インチの「iPhone 8」の3モデル構成になると言われていますが、この「iPhone 8」には、有機ELディスプレイ以外にもワイヤレス充電や虹彩スキャン技術が搭載されるとのこと。

虹彩スキャン技術は、Touch IDに置き換わるか同時に搭載されるとみられており、ロックの解除やApple Payでの支払いの際に目の虹彩による認証をするために使われるだろうとしています。

なお、先日の情報でもAppleは、2017年に発売する次期「iPhone」で、新しい生体認証技術、新しいデザイン、フレキシブルな有機ELディスプレイなどを採用する可能性があると報じられていましたが、その際には新しい生体認証技術は顔認証と報じられており、セキュリティを強化するために最終的には顔認証システムに切り替わるとされていました。

個人的には、次期「iPhone」で虹彩スキャンなどの生体認証技術が搭載される可能性は低いと思いますが、近年の技術の進歩は凄まじく、もしかすると未来の技術に思える虹彩認証も近い将来に搭載されることがあるかもしれません。





[via MacRumors]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク