次期「iPhone」シリーズのハイエンドモデルは5.8インチでガラス製の筐体を採用か!?

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

次期「iPhone」シリーズではハイエンドモデルとして5インチモデル、もしくは5.8インチモデルが追加され3モデル構成になると言われていますが、DIGITIMESは、次期「iPhone」シリーズのハイエンドモデルは5.8インチになり、ガラス製の筐体が採用されるようだと報じています。

スポンサーリンク

4.7インチ、5.5インチ、5.8インチになる!?

今回の情報では、2017年に発表される次期「iPhone」シリーズは、4.7インチ、5.5インチ、5.8インチの3モデル構成になるとされており、ハイエンドモデルとなる5.8インチモデルにはステンレス製の金属フレームと強化ガラス製の筐体が採用されるとのこと。

また、4.7インチモデルには、従来の「iPhone」に使われているアルミ合金製筐体を引き続き採用されるとのことですが、5.5インチモデルについては、今のところ筐体の素材や設計が確認されていないそうです。

5.8インチモデルに採用されるステンレス製の金属フレームと強化ガラス製の筐体はFoxconnとアメリカのJabil Circuitから供給されるそうですが、4.7インチモデルに採用されるアルミ合金製筐体についてはCatcherから供給されるとみられています。

さらに、先日の記事でもお伝えしましたが、ハイエンドモデルとなる5.8インチモデルには有機ELディスプレイが採用され、価格は1,000ドル(日本円で約11万円)以上になる可能性があるともしています。

なお、次期「iPhone」シリーズでは、ワイヤレス充電の搭載虹彩スキャン技術の搭載3モデル構成になるなどの情報が出ていますが、新たに追加されるモデルのディスプレイサイズに関しては5インチ、5.8インチなど情報が錯綜してきています。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク