Apple、次世代「iPhone」向けの有機ELディスプレイに関して中国の京東方科技集団と協議中か!?

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Bloombergが、事情に詳しい複数の関係者によると、Appleが、次世代「iPhone」向け有機ELディスプレイの供給をめぐり、中国の京東方科技集団(BOE Technology Group)と協議しているようだと報じています。

スポンサーリンク

次世代「iPhone」向けに供給か

Appleは数カ月にわたり、京東方科技集団(BOE Technology Group)のアクティブマトリクス式有機ELディスプレイのテストを行っているそうですが、今のところ同社をサプライヤーに加えるかどうかは決まっていないとのこと。

また、現在は交渉が初期段階であることから、2017年の次期「iPhone」シリーズに採用される可能性は低いとみられていますが、京東方科技集団(BOE Technology Group)は2018年以降の次世代「iPhone」向けに採用されることを期待しているそうです。

「iPhone」シリーズのディスプレイに関しては、これまで韓国のSamsung Displayが供給してきましたが、京東方科技集団(BOE Technology Group)がサプライヤーに加われば、日本と韓国メーカー以外でAppleにディスプレイを供給する最初の有力企業になり、Appleが探っていた世界的な有機ELディスプレイ不足の対応策になり得るかもしれません。

なお、今回の件に関してAppleも、京東方科技集団(BOE Technology Group)もコメントを控えているとのことです。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク