次期「iPhone」のプレミアムモデルはまだ開発段階!? – 確定しているのは5インチディスプレイなどの基本コンセプトのみ

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

次期「iPhone」シリーズは、4.7インチモデルの「iPhone 7s」と5.5インチモデルの「iPhone 7s Plus」にプレミアムモデルの「iPhone 8」を加えた3モデル構成になるとみられていますが、この「iPhone 8」はまだ開発段階にあり、発売がかなり遅れる可能性があることが明らかになりました。

スポンサーリンク

現時点で確定しているのは基本コンセプトのみ

Macお宝鑑定団Blogによると、Appleが初代「iPhone」の発売から10年目を迎える2017年に発売する「iPhone」には、「Apple Watch Edition」と合わせて使うに相応しいプレミアムモデルが追加される可能性が高いそうですが、現段階では次期「iPhone」のプレミアムモデルはまだプロトタイプモデルが複数種類存在し、技術確認テストと並行して開発が続けられている状態とのこと。

プロトタイプには、ガラス筐体、アルミ筐体、ホワイトセラミックス筐体などに加え、IPS TFT、AMOLED、ホームボタンが有るモデル、ホームボタンが無いモデルなどがあり、様々なモデルが製品に近いレベルで開発されている可能性があるそうで、次の段階に進むには、もう少し時間が掛かるそうです。

現時点では、5インチ液晶ディスプレイ、デュアルカメラ、ワイヤレス充電対応、Lightningコネクタ搭載という基本コンセプトのみが確定している段階で、これまでの情報にあった曲面ディスプレイ、全面液晶ディスプレイ、ホームボタンの廃止などは、プロトタイプモデルの1つであるだけで、有機ELディスプレイをハイエンドモデルに採用すると、Samsungの「Galaxy S7 edge」のSuper AMOLEDの優位性を認めたことになるため、基本コンセプトには含まれていないとしています。

また、デュアルディスプレイの採用や「USB-C – Lightningケーブル」を同梱するといった情報については、そもそも検討すらされていないと完全に否定しています。

なお、この次期「iPhone」シリーズのハイエンドモデルは、Appleが2017年9月に開催するスペシャルイベントで「iPhone 7s」「iPhone 7s Plus」とともに発表されるものの、開発が遅れていることから「iPhone 7s」「iPhone 7s Plus」と同時ではなく、かなり遅れて発売される可能性があるそうです。

次期「iPhone」シリーズに関しては、以前より様々な予測や噂が報じられていますが、これらの情報に関しては、正式モデルが決まった段階で部材調達を行うと製造の開始が遅くなるため、Appleが部材メーカーに対し、EVT段階に進んだモデルの部品の調達可能数についての調査を行っており、その調査が一部アナリストに伝わったことで様々な予測が広まっているためだとしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク