Apple、次期「iPhone」では全てがガラス製の筐体を採用か!? – ワイヤレス充電のため

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

MacRumorsが、KGI SecuritiesのアナリストであるMing-Chi Kuo氏によると、2017年に発売される次期「iPhone」では、ワイヤレス充電機能をサポートするために、全てがガラス製の筐体が採用されるようだと報じています。

スポンサーリンク

周波数の干渉を避けるためにガラスを採用

Appleが、2017年の次期「iPhone」でワイヤレス充電機能をサポートするための鍵となるのが、金属製筐体からガラス製筐体への移行で、金属製筐体ではワイヤレス充電時に周波数の干渉が起こり充電速度が制限される可能性があるとのこと。

ただし、ワイヤレス充電が次期「iPhone」の全てのモデルに搭載されるのか、プレミアムモデルと呼ばれている一部のモデルに搭載されるのかは不明だそうです。

また、先日の情報ではFoxconnが次期「iPhone」への搭載に向けてワイヤレス充電モジュールを開発していると報じられていましたが、Foxconnは「iPhone」の開発や生産にほぼ全てのリソースを展開する必要があることから、ワイヤレス充電モジュールはPegatronが独占供給することになるとしています。

なお、2017年は「iPhone」の発売から10周年を迎えることもあり、ワイヤレス充電の採用、有機ELディスプレイの搭載、フォームファクタの完全な変更、ホームボタンの廃止などの大幅なアップデートが行われるとみられています。

【関連記事】
Apple、将来的に「iPhone」に折り畳むことが可能な「フレキシブル・ディスプレイ・デバイス」を採用か!?
有機ELディスプレイを搭載する次期「iPhone」は5.5インチモデルではなく5.2インチモデルに!?
次期「iPhone」への有機ELディスプレイの搭載は供給に問題が!?
「iPhone 8」シリーズは3モデル構成になり、5.5インチモデルには有機ELディスプレイ搭載モデルがラインナップ!?
次期「iPhone」はベゼルレスの5インチと5.8インチディスプレイを採用か!?
Apple、次期「iPhone」に向けて有機ELディスプレイをSamsungなどに発注か!?
次期「iPhone」への搭載に向けてFoxconnがワイヤレス充電モジュールを開発中!?
次期「iPhone」は全面ガラス製になるだけではなくVRにも対応!?
「iPhone 8」では前面も背面もガラス製になりステンレス製のプレミアムモデルもラインナップされる!?
「iPhone 8」では新たに5インチモデルが追加され3モデル構成になる!?
2017年の「iPhone」は「iPhone 7s」ではなく有機ELディスプレイやワイヤレス充電が特徴の「iPhone 8」になる!?
2017年の「iPhone」ではディスプレイ内に環境光センサーが埋め込まれる!?
2017年の「iPhone」ではLightning端子が廃止されワイヤレス充電が実現か!?
2017年の次期「iPhone」の有機EL供給に向けAppleとシャープが交渉中!?
2017年の「iPhone」には曲面有機ELディスプレイを採用したプレミアムモデルが登場!?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク