次期「iPhone」への有機ELディスプレイの搭載は供給に問題が!?

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleが、2017年に発売するとみられている次期「iPhone」には有機ELディスプレイが搭載されると噂されていますが、Bloombergは、事情に詳しい複数の関係者によると、有機ELパネルは生産が比較的難しく、有機ELディスプレイの供給量に問題が発生する可能性があると報じています。

スポンサーリンク

供給が間に合わない可能性が

有機ELパネルの主要供給元であるSamsung DisplayとLG Display、シャープ、ジャパンディスプレイの4社は、次期「iPhone」用の有機ELディスプレイを全て生産できる能力が来年中に十分に整わないとのことで、2018年も供給の制約は続き、Appleにとって難題となる可能性があるとしています。

また、Samsungは2017年に、有機ELパネルの単独サプライヤーとなる方向を目指しているものの、歩留まりが低いため増加する「iPhone」の需要を満たせるほど十分に生産できない恐れがあるとのこと。

なお、こうした供給上の制約から、次期「iPhone」では全てのモデルに有機ELディスプレイが搭載されるのではなく、5.5インチのプレミアムモデルにのみ搭載される可能性もあり、そうしなければ有機ELディスプレイの搭載を延期する可能性もあるそうです。

「iPhone 7」シリーズでも部品の歩留まりが低いがために需要を満たすことが出来ず、出荷に遅れが出ていましたが、今回の情報が確かであれば、次期「iPhone」でも同じような状況になる可能性があるということになります。

Appleとしては、次期「iPhone」の全モデルに有機ELディスプレイを搭載したいのかもしれませんが、出荷に大幅な遅れが出るのであれば、潔くプレミアムモデルにのみ有機ELディスプレイを採用してほしいものです。

【関連記事】
「iPhone 8」シリーズは3モデル構成になり、5.5インチモデルには有機ELディスプレイ搭載モデルがラインナップ!?
次期「iPhone」はベゼルレスの5インチと5.8インチディスプレイを採用か!?
Apple、次期「iPhone」に向けて有機ELディスプレイをSamsungなどに発注か!?
次期「iPhone」への搭載に向けてFoxconnがワイヤレス充電モジュールを開発中!?
次期「iPhone」は全面ガラス製になるだけではなくVRにも対応!?
「iPhone 8」では前面も背面もガラス製になりステンレス製のプレミアムモデルもラインナップされる!?
「iPhone 8」では新たに5インチモデルが追加され3モデル構成になる!?
2017年の「iPhone」は「iPhone 7s」ではなく有機ELディスプレイやワイヤレス充電が特徴の「iPhone 8」になる!?
2017年の「iPhone」ではディスプレイ内に環境光センサーが埋め込まれる!?
2017年の「iPhone」ではLightning端子が廃止されワイヤレス充電が実現か!?
2017年の次期「iPhone」の有機EL供給に向けAppleとシャープが交渉中!?
2017年の「iPhone」には曲面有機ELディスプレイを採用したプレミアムモデルが登場!?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク