「iPhone 8」のファンクションエリアのコンセプト画像が公開 – 「iPhone 7」と「iPhone 8」の比較も

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleが2017年に発表するとみられている「iPhone 8」のディスプレイ下部には0.65インチの新領域「ファンクションエリア」が搭載されると噂されていますが、iDROPNEWSは、ファンクションエリアに特化したコンセプト画像を公開しています。

SPONSORED LINK

ホームボタンの代わりにファンクションエリアが搭載

次期「iPhone」シリーズのプレミアムモデルである「iPhone 8」ではベゼル(縁)やホームボタンが廃止、その代わりにフロント部分が全面ディスプレイになり、ディスプレイ下部には0.65インチの新領域「ファンクションエリア」が搭載されると言われています。

今回公開されたファンクションエリアのコンセプト画像では、Touch IDがディスプレイ内部に埋め込まれていてファンクションエリアで指紋認証が利用できる他、再生中の音楽の操作や着信時の応答、さらにSafariなどのブラウザアプリではタブの切替や共有アイコンなどもファンクションエリアに表示。

ちなみに「iPhone 8」は4.7インチモデルと同じサイズながら、ベゼルレスデザインでホームボタンが廃止されることにより、ディスプレイサイズは5.8インチになり、そのうち0.65インチがファンクションエリアとして設定されるとみられています。

これによって、実際のディスプレイ表示領域は5.15インチになるわけですが、ファンクションエリアが搭載されればディスプレイ下部で利用できる機能が格段に増えそうなので期待が高まりますね。

また、ここ最近5mの遠距離ワイヤレス充電の搭載「iPhone 8」とされる端末の内部構造の画像など「iPhone 8」のリーク情報を続々と公開しているBenjamin Geskin‏(@VenyaGeskin1)氏が、同コンセプト画像と「iPhone 7」を比較する画像を公開。

「iPhone 7」と比べると「iPhone 8」の方が少し縦長になっているもののサイズはほぼ同じ。しかし全面ディスプレイになりベゼルレスデザインが採用されることでディスプレイ自体はかなり広くなった印象を受けます。

「iPhone 8」への搭載が噂されている「ファンクションエリア」は、まるで「MacBook Pro(2016)」のTouch Barのよう。Touch Barは今のところ使い道があまりなく、ユーザーからの評価も高くはありませんが、もしも次期「iPhone」にファンクションエリアが搭載されればユーザーからの評価を得ることは出来るのでしょうか。

「MacBook Pro(2016)」のTouch Barとは違いファンクションエリアには多くの使い道がありそうですし、ディスプレイが大きくなるということは1ページ毎の視認性が増えるということなので個人的には搭載されるのが楽しみです。

ただ、物理ボタンが完全に廃止され、デジタルボタンのみになるというのは使い勝手がよくなる反面、不安要素でもあり、故障した際に修理の期間が長くなったり、負担金額が増えたりしないかなどは心配ですね。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク