「iPhone 8」の新たなレンダリング画像が公開 – 信頼できる情報に基づきEngadgetが作成

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleが今年の秋以降に発売するとみられる「iPhone 8」では、本体背面へのガラス製パネルの採用ワイヤレス充電機能の搭載、さらに縦向きに並んだデュアルカメラなど様々な新デザインが採用されるとみられています。

過去にもこれらの情報を反映したコンセプト動画などが公開されてきましたが、本日、Engadgetが、独自に入手した「iPhone 8」の詳細な図面を元に作成した3Dレンダリング画像を公開しています。

SPONSORED LINK

次期「iPhone」シリーズは5インチと5.8インチの2モデル体制に

今回Engadgetが公開した「iPhone 8」の3Dレンダリング画像は、信頼できるアクセサリメーカーの情報筋から入手した詳細な図面をもとに作成したもので、主にデュアルカメラやLEDフラッシュなど本体背面のデザインが確認できるCADレンダリング画像となっています。

縦向きにデュアルカメラが並ぶ本体背面にはガラス製のパネルが採用され全体をガラスで覆ったようなデザインに。また、デュアルカメラのレンズ部分は大きく飛び出していて、レンズとレンズの間にはLEDフラッシュが搭載されています。

「iPhone 8」にガラス製の筐体が採用されるのにはワイヤレス充電機能が深く関係していて、これまでの金属製筐体ではワイヤレス充電時に周波数の干渉が起こり充電速度が制限される可能性があることから、ワイヤレス充電のためにはガラス製の筐体が採用されるかどうかが重要になってくるそうです。

さらに、今まで次期「iPhone」シリーズは3モデル体制になるという説が濃厚でしたが、Engadgetはこれまでの情報を覆すかのように次期「iPhone」シリーズでは現在の4.7インチモデルは5インチに、5.5インチモデルは5.8インチになり2モデル体制になるとも報告。

どうやら、Engadgetは、次期「iPhone」シリーズには5インチの「iPhone 8」と、5.8インチの「iPhone 8 Plus」がラインナップされると予測しているようですが、実際にはベゼルレスデザインになることによって端末サイズはそのままでディスプレイサイズのみが大きくなる可能性もあります。

これまで散々「Touch ID」をディスプレイ内部に埋め込む段階での問題3Dセンサーに関する技術的な問題が発生しているため発売が遅れると言われてきた「iPhone 8」ですが、ここ最近は「iPhone 8」は遅れずに例年通り9月に発売されるという情報が多く報告。

このまま順調に量産体制に入り例年通り9月に発売してくれれば良いのですが、著名アナリストは「iPhone 8」は発売後に重度の供給不足に陥ると予測しており、発売後も「iPhone 8」は中々手に入らなそうな気がしますね。

なお、気になる「iPhone 8」の価格は、128GBが999ドル(約11万3,000円)に、256GBが1,099ドル(12万4,000円)になると予測されていて、現行モデルである「iPhone 7」や「iPhone 7 Plus」にある32GBモデルはラインナップされないとみられています。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PAGE TOP