「iPod」のクイックホイールをベースに開発された「iPhone」のプロトタイプOS「AcornOS」の動画や画像が公開!

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

過去にもiPhone関連の情報をリークした実績のあるSonny Dickson氏が、iPhoneの発売から10周年を迎えるこのタイミングで、「iPod」のクイックホイールをベースに開発された「iPhone」のプロトタイプOS「AcornOS」の動画や画像を公開しています。

スポンサーリンク

懐かしのクリックホイール

公開された「iPod」のクイックホイールをベースに開発された「iPhone」の外観などは公開されていませんが、プロトタイプOSである「AcornOS」では、画面の下半分がクリックホイールになっており、画面上半分でメニューを選択するユーザーインターフェイスになっています。

Appleは、2005年の「iPhone」の設計段階では、今回の「AcornOS」のような「iPod」の拡張端末にするか、Macの「OS X」の縮小版にするかで悩んでいたそうで、Tony Fadell氏率いるiPodチームと、Scott Forstall氏率いるMacintoshチームにお互いデザインを提出させており、今回公開された「AcornOS」は、当時の担当役員のTony Fedell氏が率いていた「iPod」の開発チームが開発したものだそうです。

これに関して開発を担当したTony Fedell氏は「当初はクリックホイールを搭載することに固執していたが、小さい画面の操作性を考えるとこれは間違いだった。」と述べています。

なお、Sonny Dickson氏のサイトでは、他にも多くのスクリーンショットが公開されていますので、興味のある方は是非一度ご覧ください。

The iPod-based interface that lost out to iOS for the iPhone

[via The Verge]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク