「iOS 10.1.1」を搭載した「iPhone」のバッテリー残量がある状態で突然電源が落ちる不具合が多数報告

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

BGRによると、一部のユーザーが「iOS 10.1.1」を搭載した「iPhone」のバッテリー残量がある状態で突然電源が落ちる不具合を報告していることが明らかになりました。

スポンサーリンク

バッテリー残量が30%以上あっても電源が落ちる

報告されている不具合は、バッテリー残量が30%以上残っていても突然電源が落ちるとういうもので、主に「iOS 10.1.1」をインストールした「iPhone」のユーザーが報告しており、海外ではバッテリー残量が43%残っている状態で電源が落ちた事例も報告されています。

また、Forbesによると、この不具合は世界的に発生しているそうで、Appleのサポートコミュニティなどを含む様々なフォーラムで報告されています。

さらに、突然電源が落ちた際にはバッテリーが0%の状態になっているので電源をいれることができず、電源に接続し充電を開始するとすぐにバッテリー残量が30%まで戻るそうで、ひどい場合にはバッテリー残量が80%以上残っていても電源が落ちることがあるそうです。

なお、この不具合は「iPhone 5s」以降の全ての「iPhone」で報告されており、搭載OSも「iOS 10.1.1」だけでなく「iOS 10.1」や「iOS 10.2 beta」でも報告されているとのことです。

不具合の発生原因は不明で、ハードウェアとも、ソフトウェアとも言われており、ここまで大事になっていることから、近いうちにAppleからなにかしらのアナウンスがあるものだと思われます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク