Apple、2017年1月〜3月に「iPhone」の生産を前年同期比で1割程度減産か!?

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

日本経済新聞によると、Appleが、2017年1月〜3月に「iPhone」の生産を前年同期比で1割程度減産することが明らかになりました。

スポンサーリンク

2016年1〜3月期をさらに下回る

これは「iPhone 7/7 Plus」の生産状況や世界の販売動向を国内外のサプライヤーなどから聞き取って集計し明らかになったもので、「iPhone 6s」の不振で大幅減産となった2016年1〜3月期をさらに下回るとのこと。

Appleは、2015年末に「iPhone 6s」シリーズで大量の在庫を抱えたため「iPhone 7」シリーズは生産量を2割程度抑えていたそうですが、それでも想定以上に販売が振るわず苦戦しており、大画面で背面カメラを2個搭載した「iPhone 7 Plus」の人気は高いものの、カメラセンサーの供給不足から十分な量を確保できなかったことも不振の要因となったとみられています。

また、米IDCは2016年のスマホの世界出荷台数は2015年比でほぼ横ばいと予測していますが、日本では「iPhone 7」シリーズで初めて非接触IC技術「FeliCa」に対応したこともあり販売は順調のようですが、日本の比率は全体の1割程度でしかないので世界市場での販売不振を挽回するほどの影響力はないそうです。

なお、「iPhone 7」シリーズは発売当初こそ入手困難であったものの、すぐに在庫状況は落ち着き、即日入手できるようになったので、次回のAppleの決算がどうなっているのかが気になるところではあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク