【Apple】2016年4〜6月期も「iPhone」の3割減産を継続か!?【販売不振】

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

日本経済新聞が、国内外の部品メーカーによると、Appleは1〜3月期に続き、4~6月期も前年同期比3割程度の「iPhone」の減産を継続するようだと報じています。

スポンサーリンク

「iPhone 6s/6s Plus」の販売が低調

これは「iPhone 6s/6s Plus」の販売が低調なため。高性能部品を供給する国内メーカーの工場は稼働率が低下しており、収益圧迫につながるのは避けられない状況とのこと。

Appleは「iPhone 6s」シリーズの販売低迷を受け、1~3月期に限定して前年同期比3割程度の減産を実施し在庫調整を進めていましたが、販売台数が想定通りに伸びていないため、減産期間を延長する方針を部品メーカーに伝えたそうです。

また、3月に発売された「iPhone SE」も主力モデルの販売低迷を補うほどの生産台数は計画していない模様で、Appleは、2013年にも生産調整を実施していますが、今回の減産幅、期間は2013年を上回る見通しとなっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク