「iPhone 8」または「iPhone Edition」の詳細スペックが判明!? – ホームボタンの廃止やステンレスフレームが特徴

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

iPhone 8」や「iPhone Edition」などと呼ばれている次期「iPhone」シリーズのプレミアムモデルですが、Macお宝鑑定団Blogによると、最近になってようやくDVT(設計確認試験)に進んだようで、ホームボタンの廃止やステンレスフレームの採用など詳細なスペックが報じられています。

SPONSORED LINK

ホームボタンは廃止されるものの「Touch ID」の詳細は不明

次期「iPhone」シリーズのプレミアムモデルのデザインは、以前にも報じられた通り、前面、背面共に2.5Dエッジ仕様の強化ガラス板と真ん中にステンレススチールフレームを使用した新しいデザインが採用され、筐体側面にはApple Watchのステンレススチールのように磨きが掛けられているとのこと。

また、予てから噂されていた通り、ホームボタンが廃止され、FaceTimeカメラが液晶面に統合されることで全面液晶ディスプレイ化されるそうですが、Touch IDのディスプレイ内部への搭載については確認できていないそうです。

さらに、ディスプレイには有機ELディスプレイが採用されるものの、過去に噂されていた緩やかなカーブを描く曲面ディスプレイではなく、従来のようなフラットディスプレイが採用されるとしています。

その他にも、本体を横向きにした場合にVR撮影を可能とするために、iSightカメラは縦に2つ並ぶ形で搭載されるそうで、同時に発表される「iPhone 7s」「iPhone 7s Plus」に関しても手直しされ、少し厚みが増すことで既存のケースを装着することは難しいかもしれないと報じられています。

なお、1四半期の出荷数は7,000万台〜1億台を見込んでいるそうで、ようやくデザインが固まりテスト段階に入ってきたようですね。

今回の情報では発売日については触れられていませんが、テストが順調に進み、開発が軌道に乗れば「iPhone 7s」「iPhone 7s Plus」と一緒に発売される可能性もなくはないのかもしれません。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク