次期「iPhone」ではUSB-Cではなく急速充電機能に対応したLightningコネクタを採用か!?

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先日の記事で、次期「iPhone」には、これまでのLightningコネクタに置き換わる形で、充電ポートにUSB-Cポートが搭載される可能性があるとお伝えしましたが、MacRumorsは、KGI SecuritiesのアナリストであるMing-Chi Kuo氏によると、2017年に発売される3つの「iPhone」全てにLightningコネクタが搭載されているようだと報じています。

スポンサーリンク

USB Power Deliveryに対応

2017年に発売される3つの「iPhone」全てに搭載されるLightningコネクタは、より高速な充電を実現するためにUSB Power Deliveryに対応しているそうで、これを可能にするためにAppleはTexas InstrumentsとCypressから新しいコンポーネントを供給するとのこと。

なお、Ming-Chi Kuo氏によると、AppleがLightningコネクタを採用し続けるのには2つの理由があるそうで、1つはLightningアクセサリのMFiプログラムのライセンス収入を維持するため、もう1つはUSB-CポートがLightningコネクタより少し大きいことが挙げられています。

個人的には「iPhone」だけではなく、全てをUSB-Cに統一してもらえるとケーブル類の管理がしやすいので嬉しいのですが、AppleがMFiプログラムのライセンス収入を簡単に手放すとは考えにくいので、順当に行けばLightningコネクタの進化というのは可能性は高いのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク