次期「iPhone」シリーズの有機ELパネルはSamsung Displayが独占的に供給か!?

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

2017年に発売される予定の次期「iPhone」シリーズでは、一部モデルに有機ELディスプレイが採用されるとみられていますが、DIGITIMESは、台湾のサプライチェーンメーカーによると、この次期「iPhone」シリーズ向けの有機ELパネルはSamsung Displayが独占的に供給するようだと報じています。

スポンサーリンク

最大2,000万枚の有機ELディスプレイを供給可能

Samsung Displayは、月間最大2,000万枚の有機ELディスプレイを供給可能だそうで、次期「iPhone」シリーズは4.7インチモデル、5.5インチモデルに加え、5.8インチモデルが追加される予定で、この5.8インチモデルに有機ELディスプレイが採用され、有機ELディスプレイを採用した「iPhone」の2017年の出荷台数は、6,000万台〜7,000万台に及ぶとみられています。

また、有機ELディスプレイ用のタッチセンサーは日本の日本写真印刷が供給し、有機ELディスプレイとタッチセンサーの接合部はSamsung Displayと台湾のTPK HoldingやGeneral Interface Solutionが供給するとのこと。

なお、これら次期「iPhone」の各サプライチェーンメーカーは、2017年3月に少量で生産を開始し、5月〜6月に大量生産を開始するそうです。

2017年は「iPhone」の発売から10周年を迎えることもあり、ワイヤレス充電の採用有機ELディスプレイの搭載ベゼルレスディスプレイの採用などの大幅なアップデートが行われると言われていましたが、ここ最近はマイナーアップデート版の「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」になるとの情報が出てきており、今のところどうなるか全く予想できない状況になってきています。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク