プロトタイプOS「AcornOS」が搭載された初代「iPhone」のプロトタイプの動画が公開!

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先日の記事で、過去にもiPhone関連の情報をリークした実績のあるSonny Dickson氏が、iPhone用に開発されたプロトタイプOS「AcornOS」の動画を公開したことをお伝えしましたが、今回新たにプロトタイプOS「AcornOS」が搭載された初代「iPhone」のプロトタイプの動画が公開されています。

スポンサーリンク

外観はプロトタイプなので未完成

公開された動画では、左側に当時の担当役員のTony Fedell氏が率いていた「iPod」の開発チームが開発した通称「P1」と呼ばれるプロトタイプOSが、右側にScott Forstall氏率いるMacintoshチームが開発した通称「P2」と呼ばれるタッチUIを採用したプロトタイプOSが搭載された初代「iPhone」のプロトタイプが写っています。

今回の動画ではプロトタイプの端末にフォーカスされていますが、この端末はあくまでも「iPhone」のプロトタイプなので、ボタン類も未完成な他、金属パーツも仕上げ前の状態で荒く、電源ボタン付近には「HOLD」の文字が刻印されています。

個人的には今の「iPhone 7」シリーズのデザインも好きですが、この初代「iPhone」や「iPhone 3G」などのデザインのほうが程よく厚みがあり、ガジェット感があるので好きですね。

SonnyDickson


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク