「iPhone 8」はステレオサウンドが強化され防水性能もさらにパワーアップする!?

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先程の記事で、JP Morganのアナリストが「iPhone 8」には「AirPods」が同梱される可能性があるとレポートで報告していることをお伝えしましたが、JP Morganのアナリストは同レポートでさらに「iPhone 8」はステレオサウンドが強化され、防水性能も向上すると報告しています。

SPONSORED LINK

「iPhone 8」の防塵・防水性能はIP68等級に

JP Morganの公開したアナリストレポートによると、「iPhone 8」では”レシーバー”の性能が強化されることによって、さらにステレオサウンドの音質が強化されると報告されています。

以下の画像を見てもらえれば分かる通り「iPhone」のレシーバーというのは、いわゆる受話口のことで「iPhone 7」シリーズからは内向きのスピーカーとしても利用されているので、このレシーバーが強化されればこれまでよりもステレオサウンドの音質が向上するのは確実。

今回のレポートではレシーバーがどのように強化されるのかまでは報告されていませんが、おそらくピークボリュームが高くなるとみられていて、実際に強化されればこれまでよりもダイナミックに音楽を流すことが出来るので、より臨場感を味わうことができます。

また、同レポートによると「iPhone 8」では防水性能もさらに強化されるそうで、現行モデルの「iPhone 7」シリーズが防塵・防水等級「IP67」なのに対し、「iPhone 8」の防塵・防水等級は「IP68」になるとのこと。

これは、Samsungの「Galaxy S8」と同等の防塵・防水性能。こちらも”レシーバー”が強化されることによって実現されるそうで、決して高いとはいえないiPhoneの防塵・防水性能がIP68等級にまで向上すればさらに使い勝手が良くなることは間違いないですね。

ちなみに、防塵・防水性能を表すIPコードによる保護等級は、IPの後に続く1つ目の数字が防塵性能を、2つ目の数字が防水性能を表しています。

「iPhone 7」の保護等級「IP67」で例えると、防塵性能は”6″で、防水性能は”7″ということになり、防塵性能は6段階中の6級なので「粉塵が中に入らない(耐塵形)」の最高クラス。しかし防水性のは8段階中の7級なので「一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)」と決して完全防水とは言えません。

もしも「iPhone 8」の防塵・防水性能が「IP68」等級になれば、防塵性能は最高クラスから変わらないまま、防水性能も最高クラスの8級にまで向上し「継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)」という完全防水になります。

これによって、生活防水だけではなく水の中に完全に浸しても浸水する事がなくなり、防水ケースを付けなくてもiPhoneを持ったままマリンスポーツを楽しめるようになるかもしれません。

現行のiPhoneの防水機能は、あくまでも水をこぼしたり、雨が降ったりした時など不意に水に濡れた場合でも大丈夫というものですが、防水性能が向上すれば汚れたiPhoneを水で洗える日が来るかもしれませんね。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PAGE TOP