Apple、将来的に「iPhone」のアメリカ内での生産を計画か!? – 生産メーカーに米国内での生産を打診

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Nikkei Asian Reviewによると、Appleは、将来的に「iPhone」のアメリカ内での生産を計画しており、既に生産メーカーに米国内での生産を打診していることが明らかになりました。

スポンサーリンク

米国内での生産はコストが2倍以上に

現在「iPhone」は中国で生産されていますが、Appleは既にFoxconnとPegatronに米国内での生産を打診しているそうで、Foxconnは米国内での生産を検討しているものの、Pegatronは米国内での生産はコストを2倍以上に引き上げることから生産拠点の移動を拒否しているそうです。

なお、Appleが「iPhone」の生産拠点を変更しようとしているのには、米大統領選挙に勝利したドナルド・トランプ氏が発言した、安価な中国での生産を止め、国内生産に切り替えて雇用を取り戻そうという「iPhoneへの輸入関税引き上げ案」が関係しているようで、実際に生産拠点が変更されるかは不明ですが、サプライチェーンは一部の生産がアメリカ内に移動するとみているようです。

[via GIZMODO]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク