次期「iPhone」は全面ガラス製になるだけではなくVRにも対応!?

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Forbes JAPANが、元マイクロソフト社員で著名ブロガーとして知られるロバート・スコーブル氏が関係者から入手した情報によると、2017年に発売される次期「iPhone」は、全面がガラス製になるだけではなく、VRにも対応するようだと報じています。

スポンサーリンク

描画性能がデスクトップマシンを上回る

次期「iPhone」へのガラスの採用は以前より噂されてきましたが、今回の情報ではゴリラグラスが内部をサンドイッチした形状で、損傷を防ぐため表面はポリカーボネートで覆われ、スクリーンには次世代有機ELが採用されるとのこと。

また、眼球センサーつきのヘッドセットのスロットに挿入することで、VRマシンとして稼働するそうで、その描画性能はNVIDIA 製1080カード搭載のデスクトップマシンを上回るものになるそうです。

さらに、Appleがが2013年に買収したイスラエルのPrimeSense社製の次世代3Dセンサーが搭載され、バッテリーやアンテナは、スクリーンの外周部の隅に押し込まれる形になることを複数の情報筋より確認したとのことです。

既に多くの次期「iPhone」の情報が出てきていますが、どの情報でもガラス製の筐体が採用されると言われており、来年は「iPhone」の発売10周年を迎えることから、大幅にアップデートされるとみられています。

【関連記事】
「iPhone 8」では前面も背面もガラス製になりステンレス製のプレミアムモデルもラインナップされる!?
「iPhone 8」では新たに5インチモデルが追加され3モデル構成になる!?
2017年の「iPhone」は「iPhone 7s」ではなく有機ELディスプレイやワイヤレス充電が特徴の「iPhone 8」になる!?
2017年の「iPhone」ではディスプレイ内に環境光センサーが埋め込まれる!?
2017年の「iPhone」ではディスプレイ内に環境光センサーが埋め込まれる!?
2017年の次期「iPhone」の有機EL供給に向けAppleとシャープが交渉中!?
2017年の次期「iPhone」の有機EL供給に向けAppleとシャープが交渉中!?
2017年の「iPhone」には曲面有機ELディスプレイを採用したプレミアムモデルが登場!?

[via 気になる、記になる…]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク