Apple、2019年までに「iPhone」の全モデルに有機ELディスプレイを搭載することを計画か!?

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleは、次期「iPhone」シリーズで、ハイエンドモデルに位置付けられる「iPhone 8」に有機ELディスプレイを搭載するとみられていますが、Patently Appleは、Appleが2019年までに「iPhone」の全モデルに有機ELディスプレイを搭載することを計画しているようだと報じています。

スポンサーリンク

「iPhone」の全てのモデルが有機ELディスプレイに

この「iPhone」の全モデルに有機ELディスプレイを搭載することに備え、韓国サプライチェーンメーカーのInterflexとSamsungが、フレキシブルプリント基板の生産を強化しているとのこと。

また、Appleは、次期「iPhone」シリーズの40%となる約6,000万台で有機ELディスプレイを採用し、この有機ELディスプレイのためのフレキシブルプリント基板をSamsung、Interflex、BHの3社から確保するそうで、2018年の「iPhone」シリーズでは有機ELディスプレイの採用数を倍増させる可能性があるとも報じられています。

なお、有機ELディスプレイを採用することのメリットとしては、消費電力の軽減、曲面ディスプレイの採用などがありますが、デメリットには常に画面の焼き付きが付きまといます。


[via 9to5Mac]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク