Apple、予期せずシャットダウンしてしまう「iPhone 6s」のためのバッテリー交換プログラムを発表!

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleが、2015年9月〜10月の間に製造された限られたシリアルナンバーの「iPhone 6s」に発生している、予期せずシャットダウンしてしまう不具合のためのバッテリー交換プログラムを発表しています。

スポンサーリンク

無償でバッテリーを交換

提供が開始されたバッテリー交換プログラム「iPhone 6s Program for Unexpected Shutdown Issues」では、2015年9月〜10月の間に製造された限られたシリアルナンバーの「iPhone 6s」が対象で、問題が発生している場合は、直営店のApple StoreまたはApple正規サービスプロバイダに連絡し、バッテリー交換対象の端末かどうかを確認してほしいと案内されています。

なお、Appleは一部の「iPhone 6 Plus」において、画面の一部がチカチカ明滅したり「Multi-Touch」が反応しなくなったりする場合があることから「iPhone 6 Plus Multi-Touch 修理プログラム」の提供も開始しています。

iPhone 6s Program for Unexpected Shutdown Issues – Apple

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク