Apple、需要の減少により「iPhone 7」の受注を削減か!?

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

DIGITIMESが、台湾の携帯電話のサプライチェーンからの情報筋によると、Appleは、需要の減少により「iPhone 7」の受注を削減しているようだと報じています。

スポンサーリンク

3ヶ月で需要が大幅に縮小

受注を削減している理由について、中国やその他の市場での「iPhone 7」の需要は発売後3ヶ月足らずで大幅に縮小していることから、受注を削減しているようだと指摘されています。

部品サプライヤーや消費者は、すでに次期「iPhone」に興味がシフトしてきているようで、サプライチェーンによると2017年前半の「iPhone 7」の出荷台数は、2016年後半に出荷された500万台よりも少なくなるものとみられています。

なお、2017年は「iPhone」の発売から10周年を迎えることもあり、ワイヤレス充電の採用、有機ELディスプレイの搭載、フォームファクタの完全な変更、ホームボタンの廃止などの大幅なアップデートが行われるとみられています。

【関連記事】
次期「iPhone」シリーズの4.7インチモデルはワイヤレス充電とガラス製筐体が特徴に!?
2017年発売の次期「iPhone」の一部モデルには曲面有機ELディスプレイが採用!?
Apple、LG Innotekと共に次期「iPhone」向けに3Dデュアルレンズカメラを開発中!?
Apple、次期「iPhone」では全てがガラス製の筐体を採用か!? – ワイヤレス充電のため
Apple、将来的に「iPhone」に折り畳むことが可能な「フレキシブル・ディスプレイ・デバイス」を採用か!?
有機ELディスプレイを搭載する次期「iPhone」は5.5インチモデルではなく5.2インチモデルに!?
次期「iPhone」への有機ELディスプレイの搭載は供給に問題が!?
「iPhone 8」シリーズは3モデル構成になり、5.5インチモデルには有機ELディスプレイ搭載モデルがラインナップ!?
次期「iPhone」はベゼルレスの5インチと5.8インチディスプレイを採用か!?
Apple、次期「iPhone」に向けて有機ELディスプレイをSamsungなどに発注か!?
次期「iPhone」への搭載に向けてFoxconnがワイヤレス充電モジュールを開発中!?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク