【Apple】レーザーオートフォーカスを搭載した「iPhone 7」のものとされる筐体写真が流出!?【リーク情報】

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

気になる、記になる…によると、中国のWeiboで、レーザーオートフォーカスを搭載した「iPhone 7」のものとされる筐体写真が公開されています。

スポンサーリンク

レーザーオートフォーカスが搭載?

写真を投稿した人物によると、iSightカメラのレンズ部分が「iPhone 6s」などと比べると大きくなっているそうで、カメラとLEDフラッシュの間に小さな穴が一つ増えているのはレーザーオートフォーカスモジュールを搭載するための穴とのこと。

レーザーオートフォーカス(レーザーAF)とは、デジタルカメラのピント合わせの方式の1つです。撮影したい物体に、レーザー光線を当てて、その反射の状況を検知して対象までの距離を測り、写真のピントを合わせます。

 距離測定には、主に微弱な赤外線レーザーが使われ、この方式を採用するカメラではカメラのレンズ近くにレーザー光線の発信孔が設置されていることが多くあります。中には、カメラモジュール内にレーザー発信器があり、ハーフミラーなどの聞きを使って撮像とピント合わせ用の光線を分離させる機構になっている場合もあります。

iphone7-5-16_01

この写真が本物かどうかはわかりませんが、最近は「iPhone 7」に関するリーク情報が増えてきているので、これからもっと多くの新しい情報が出てくるものと思われます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク