【Apple】「iPhone 7」シリーズの出荷台数は「iPhone 6s」シリーズよりも少なく3分の1以上のユーザーがジェットブラックを選択!?【レポート】

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

9to5Macによると、KGI SecuritiesのアナリストであるMing-Chi Kuo氏が「iPhone 7/7 Plus」に関するレポートを公開し、全世界で「iPhone 7/7 Plus」を予約したユーザーのうち3分の1以上のユーザーがジェットブラックを選択していることが明らかになりました。

スポンサーリンク

中国では45%〜50%のユーザーが

「iPhone 7」の出荷台数は「iPhone 6s」よりも少なく、全世界で「iPhone 7/7 Plus」を予約したユーザーの30%〜35%のユーザーがジェットブラックを選択しており、中国では「iPhone 7/7 Plus」を予約した45%〜50%のユーザーがジェットブラックを予約しているそうで、ストレージ容量は128GBが最も人気とのこと。

また、供給不足が続いていることに関しては、歩留まり率の低さが影響しており、ジェットブラックモデルの歩留まり率は60%~70%と非常に低く、3台に1台程が不良品になり出荷されていないそうです。

なお、Samsungの「Galaxy Note 7」のバッテリー爆発問題の影響で「iPhone 7 Plus」の予約数が事前予想よりも高くなってしまっていることも品薄の原因と分析されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク