「iPhone 8」の最終デザインが決定!? – モックアップの写真が流出

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先日、Engadgetが信頼できる情報筋から独自に入手した「iPhone 8」の詳細な図面を元に作成した3Dレンダリング画像を公開したことをお伝えしましたが、今度はBGRが、「iPhone 8」の最終デザインを元に作成されたとするモックアップの写真を公開しています。

スポンサーリンク

これまでの噂通りのデザインのモックアップが登場

このモックアップは「iPhone 8」を製造する工場から流出した図面を元に作成されたそうで、これまでの噂通りホームボタンが廃止され、側面のフレームには研磨されたステンレススチールが採用されています。

また、ディスプレイは全面ディスプレイ化され、ベゼルレスデザインが採用。緩やかなカーブを描く2.5Dガラスが前面だけでなく背面にも採用されていて、公開された画像からもエッジ部分が僅かにカーブしているのを確認することができます。

本体の背面には縦向きに並ぶ形でデュアルカメラが搭載。過去にはワイヤレス充電用の部品が搭載された図面が公開されたこともありましたが、今回のモックアップでは確認することができません。

さらに、ディスプレイ内への埋め込み背面への搭載廃止などが噂されている「Touch ID」に関しても今回の写真では詳細がわからないまま。

今回の写真に写っている「iPhone 8」のモックアップは、これまでの噂をほぼ反映していることから「iPhone 8」の最終デザインであることは十分に考えられるものの、これまでのリーク情報がここまで反映されているというのは少し怪しい気もしますね。

ちなみに、「iPhone 8」のリーク情報ではお馴染みとなったBenjamin Geskin‏(@VenyaGeskin1)氏は、今回のモックアップの写真にこれまでに噂されている「iPhone 8」のディスプレイデザインや、背面のデザインを合成した画像を公開。

特にディスプレイ面の方はかなり美しい仕上がりになっていて、本当にこのデザインが採用されれば個人的には絶対購入したいと思いますが、皆さんはどうでしょうか。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク