「iPhone 8」は遅れず9月に発売へ – 生産や部品供給に遅れはない模様

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

予てから「iPhone 8」の発売は例年の9月より遅くなり11月〜12月になると散々言われ続けてきました。しかし、最近の情報ではすでに最終デザインが決定していて、例年通り9月に発売されるという情報も。

さらに、それに合わせるかのように「iPhone 8」に搭載される「A11」プロセッサの生産が開始されたという情報も出てきていますが、これを裏付けるかのようにアメリカのモルガン・スタンレーが、「iPhone 8」の生産や部品供給に遅れは発生しておらず、例年通り9月に発売されるというレポートを公開したことが明らかになりました。

スポンサーリンク

「iPhone 8」の生産や部品の供給には遅れがなく発売も遅れない

このモルガン・スタンレーが公開したレポートによると、「iPhone 8」の生産過程や部品の供給には一切の遅れがなく、例年通り9月には発売されるとのこと。

レポートの情報が確かであれば、これまで「Touch ID」をディスプレイ内部に埋め込む段階での問題3Dセンサーに関する技術的な問題が発生しているため大幅に発売が遅れると言われていた「iPhone 8」の生産は順調に進んでいるということになります。

これは、先日Apple関連のリーク情報に定評のあるOnLeaks(@OnLeaks)氏が報告していた情報とも一致。OnLeaks(@OnLeaks)氏は、「iPhone 8」は6月から7月にはPVT(生産検証試験)が開始され、9月の発売に向けて8月には量産が開始されると伝えていました。

ただ、こちらもApple関連のリーク情報の正確さに定評のあるKGI Securitiesのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏は、「iPhone 8」は順調に生産されたとしても発売後はしばらく重度の供給不足に陥り、数カ月は手に入れることが困難になるという”最悪のシナリオ”を報告。

これが事実であれば「iPhone 8」の初回出荷台数は極端に少なく、昨年「iPhone 7/7 Plus」が発売されたときを超えるような供給不足に陥り、ユーザーの手に行き渡るまでには年を越す可能性があるかもしれません。

これだけ注目されていることから、順調に生産されたとしても供給が追いつかないことが考えられるので、発売後すぐに「iPhone 8」を手にしたい方は今後の情報から目を離さないほうが良いかもしれませんね。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク