「iPhone 8」は10〜11月に量産が開始される!? – 発売はさらに遅れる可能性が

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

以前から「iPhone 8」は9月に発表されるものの、発売までには発表から数ヶ月かかると噂されていますが、KGI SecuritiesのアナリストであるMing-Chi Kuo氏は、例年通り8〜9月ではなく、10〜11月に「iPhone 8」の量産が開始されるようだと報告しています。

スポンサーリンク

10〜11月に量産開始なら、発売はさらに遅れる可能性

Ming-Chi Kuo氏によると、Appleが注文した有機ELディスプレイや10nmプロセスの「A11」プロセッサ、さらに新しい3D Touchモジュールや3Dセンシングカメラなどを含む最先端の部品の生産が難しいことで「iPhone 8」の量産時期が10〜11月と大幅に遅れるそうです。

従来の「iPhone」シリーズのアップグレードモデルとなる「iPhone 7s」「iPhone 7s Plus」に関しては従来通り8〜9月に量産が開始され、9月には発売されるとみられています。

なお、以前から「iPhone 7s」「iPhone 7s Plus」「iPhone 8」は9月のスペシャルイベントで同時に発表されるものの、「iPhone 8」だけは10〜11月まで発売が遅れると報じられていますが、もしも今回の情報通り10〜11月に量産が開始されるようであれば、早くても11月に発売され、2017年内は入手困難な状態が続くかもしれませんね。


[via 9to5Mac]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク