「iPhone 8」の有機ELディスプレイモデルは全てに曲面ディスプレイが採用!? – 新たなタッチ技術も搭載か

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

MacRumorsが、The Korea Heraldによると、Appleが2017年にも発表すると見られている「iPhone 8」シリーズのハイエンドユーザー向けとなる有機ELディスプレイモデルには、全てのモデルでフラットディスプレイではなく曲面ディスプレイが採用されるようだと報じています。

スポンサーリンク

プラスチック有機ELパネルを採用か

Appleは、既にサムスンディスプレイに対し、プラスチック有機ELパネルを注文しているそうで、これらは全て湾曲している曲面ディスプレイで「iPhone 8」シリーズの有機ELディスプレイモデルに採用されるとのこと。

このプラスチック有機ELパネルは、Galaxy S7 Edgeなどの湾曲した筐体に使われている有機ELパネルで、曲げることへの耐久性が高く、サムスンディスプレイだけでAppleに対し1億台弱供給することができるそうです。

また、このプラスチック有機ELパネルが採用され、全てのモデルが曲面ディスプレイになることで、今後の「iPhone」ではユーザーがデバイスの側面に触れることで反応する新たなタッチ技術が採用される可能性もあるそうですが、Appleがこの新たな技術の採用をしない可能性も十分にあるとのこと。

なお、2017年は「iPhone」の発売から10周年を迎えることもあり、ワイヤレス充電の採用有機ELディスプレイの搭載ベゼルレスディスプレイの採用などの大幅なアップデートが行われるとみられていますが、その反面、マイナーアップデート版の「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」になるとの情報もあり、今のところどうなるか全く予想できない状況になってきています。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク