「iPhone 8」では4.7インチモデルに5.5インチモデルと同じ容量のバッテリーが搭載可能に!?

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

9to5Macが、KGI SecuritiesのアナリストであるMing-Chi Kuo氏によると、Appleが2017年に発売する「iPhone 8」は、4.7インチモデルと同じサイズながら、5.5インチモデルと同じ容量のバッテリーが搭載されるようだと報じています。

スポンサーリンク

これまで、次期「iPhone」シリーズは4.7インチの「iPhone 7s」、5.5インチの「iPhone 7s Plus」、5.8インチの「iPhone 8」の3モデル構成になると言われていましたが、今回の情報では「iPhone 8」は4.7インチモデルと同じサイズでありながら、5.5インチモデルと同じ容量のバッテリーが搭載されるとのこと。

4.7インチモデルの「iPhone 7」は1,960mAh、5.5インチモデルの「iPhone 7 Plus」は2,900mAhとなっており、5.5インチモデルの方が約1,000mAhも容量が大きいのですが、今回の情報が正しければ「iPhone 8」は4,7インチでありながら、約33%もバッテリー容量が増加することになります。

このバッテリー容量の増加の裏には、現在の10層ロジックボードに、合計20層重ねる高積層プリント配線板の採用があるようで、高積層プリント配線板を採用することでロジックボードを小型化し、バッテリー用のスペースを確保することが予想されています。

さらに、従来のTFT液晶ではなく、有機ELディスプレイが搭載されることで、約30%も消費電力を下げることが可能になり、バッテリー駆動時間が大幅にアップする可能性が高いとのことです。

なお、次期「iPhone」シリーズでは、ワイヤレス充電虹彩スキャン技術が搭載されるなどの情報も出てきており、大幅なアップデートが実施されるとみられています。





この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク