「iPhone 8」は5.8インチでディスプレイ下部に0.65インチの新領域「ファンクションエリア」が搭載!?

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

MacRumorsが、KGI SecuritiesのアナリストであるMing-Chi Kuo氏によると、Appleが2017年に発表するとみられている「iPhone 8」は、ディスプレイサイズが5.8インチになり、ディスプレイ下部には0.65インチの新領域「ファンクションエリア」が搭載されるようだと報じています。

スポンサーリンク

ホームボタンは廃止され、新領域が搭載

先日の記事で、Ming-Chi Kuo氏が「iPhone 8」は、4.7インチモデルと同じサイズながら、5.5インチモデルと同じ容量のバッテリーが搭載されるようだ報告していることをお伝えしましたが、今回のレポートでは筐体サイズは4.7インチながら、ベゼルレスデザインでホームボタンが廃止されることにより、ディスプレイサイズは5.8インチになり、ディスプレイ下部には0.65インチの新領域「ファンクションエリア」が搭載されると報告されています。

この新領域「ファンクションエリア」は、廃止されるホームボタンの位置に配置され「Touch ID」に置き換わるようで、サイズは0.65インチになり、ディスプレイサイズは5.8インチですが、この「ファンクションエリア」分の0.65インチを差し引いた5.15インチがディスプレイ表示領域として使えるとのこと。

また、ホームボタンが廃止され「Touch ID」が「ファンクションエリア」に置き換わることによって、虹彩スキャンなどの新しい生体認証システムが採用される可能性もあるとしています。

なお、次期「iPhone」シリーズでは、ワイヤレス充電の搭載虹彩スキャン技術の搭載3モデル構成になるなどの情報が出ていますが、新たに追加されるモデルのディスプレイサイズに関しては5インチ、5.8インチなど情報が錯綜してきています。





この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク