「iPhone 8」のフロントカメラには3Dセンシング機能のために3つのモジュールが搭載!?

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

MacRumorsが、KGI SecuritiesのアナリストであるMing-Chi Kuo氏によると、有機ELディスプレイを搭載する「iPhone 8」のフロントカメラには、3Dセンシング機能のための3つのモジュールが搭載されるようだと報じています。

スポンサーリンク

顔認識や虹彩認識も可能に

「iPhone 8」に搭載される3つのモジュールには、既存の「iPhone」のフロントカメラモジュール、赤外線送信モジュール、赤外線受信モジュールが含まれており、これら3つのモジュールにより顔認識、虹彩認識、ゲーム内での3Dスキャンなどが可能になるとのこと。

また、このアップグレードされたフロントカメラには、Appleが2013年に買収したPrimeSenseの3Dモーション検出技術が使われているそうです。

なお、次期「iPhone」シリーズについては、顔認証の搭載や、虹彩スキャンの搭載などの情報が報じられている他、初代「iPhone」から10周年を迎えることもあり、大幅なアップデートがされるとみられています。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク