「iPhone 8」には曲面ではなく縦長化された平面ディスプレイが採用される!?

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

これまで次期「iPhone」のハイエンドモデルとなる「iPhone 8」にはフレキシブル有機ELディスプレイが採用され、ディスプレイの両サイドが曲面化されると噂されていましたが、IHS MarkitのアナリストであるWayne Lam氏は、曲面ではなく従来のようなフラットな平面ディスプレイが採用されると予測しています。

スポンサーリンク

アスペクト比率9:18の縦長ディスプレイ

Wayne Lam氏は、Appleが「iPhone 8」に従来の2.5Dディスプレイと同じフラットな平面ディスプレイを採用するが、ホームボタンは廃止され、フロント部は全面ディスプレイになると予測しています。

また、アスペクト比率が従来の9:16から9:18になり、ディスプレイが縦長化されるとも予測しており、最近発表されたばかりの「LG G6」のような縦長ディスプレイが2017年のトレンドになるとしています。

なお、以前の情報では「iPhone 8」はプロトタイプモデルが複数種類存在している開発段階で、5インチ液晶ディスプレイ、デュアルカメラ、ワイヤレス充電対応、Lightningコネクタ搭載という基本コンセプトのみが確定している段階で、これまでの情報にあった曲面ディスプレイ、全面液晶ディスプレイ、ホームボタンの廃止などは、あくまでもプロトタイプの1つでしかないと報じられています。

さらに、この「iPhone 8」と呼ばれているモデルの正式名称は「Phone Edition」になり、9月のスペシャルイベントで発表されるものの実際の発売はかなり遅れるという情報もあるので、実際のスペックがどのようになるのかが判明するのはまだ少し先のこととなりそうです。



[via MacRumors]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク