次期「iPhone」のプレミアムモデルには「Galaxy S7 Edge」よりも緩やかな曲面ディスプレイが採用!?

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleが、2017年に発表する次期「iPhone」シリーズには、従来の4.7インチモデル、5.5インチモデルに加え、5.8インチとも5インチとも言われているプレミアムモデルが追加されるとみられていますが、このプレミアムモデルには緩やかなカーブを描く曲面ディスプレイが採用される可能性が出てきました。



スポンサーリンク

ディスプレイの表示可能領域は5.2インチ

NIKKEI ASIAN REVIEWによると、Appleが、2017年に発表する次期「iPhone」のプレミアムモデルには、Samsung「Galaxy S7 Edge」よりも緩やかなカーブを描く曲面ディスプレイが採用されるとのこと。

次期「iPhone」に採用される曲面ディスプレイが「Galaxy S7 Edge」よりも緩やかなカーブを描くものになる理由としては、曲面ディスプレイとガラスケースを組み合わせるのが技術的に困難なことが挙げられており、カーブの角度を緩やかなものにすることで実現することが可能になるそうです。

また、この曲面ディスプレイが採用されたプレミアムモデルのディスプレイ表示可能領域は5.2インチになるようで、より洗練されたデザインになるそうですが、それ以外に大きな変更点はなく、曲面ディスプレイが採用されたからといって何か新しい機能が追加されるということはないとしています。

なお、先日の情報では、これまでの情報にあった曲面ディスプレイ、全面液晶ディスプレイ、ホームボタンの廃止などは、プロトタイプモデルの1つにあるだけで、Appleはまだプレミアムモデルのデザインを決めかねているとも報じられていたので、今回の緩やかなカーブを描いた曲面ディスプレイもプロトタイプの1つなのかもしれませんね。

[via MacRumors]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク