やはり「iPhone 8」の発売は10月~11月まで遅れる!? – 3Dセンサーの問題が原因か

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先日の記事で「iPhone 8」の製造に技術的な問題が発生していて、発売が2017年10月〜11月まで遅れるとお伝えしましたが、投資銀行Drexel HamiltonのアナリストであるBrian White氏が投資家に向けたレポートで「iPhone 8」の発売はホリデーシーズンまで遅れるようだと報告しています。

SPONSORED LINK

ホリデーシーズンには間に合うものの遅延が発生

Brian White氏のレポートによると、次期「iPhone」シリーズのプレミアムモデルである「iPhone 8」には有機ELディスプレイや3Dセンサーに関する技術的な問題が発生しており、数週間は発売が遅れるものの12月のホリデーシーズンには間に合うとのこと。

以前の情報でも「iPhone 8」には曲面有機ELディスプレイの積層技術に関する問題が発生して、この問題を解決しないことには大量生産が難しいため発売が早くても2017年10月まで、遅ければ2017年11月まで遅れると報じられていました。

ただし、これらのことから有機ELディスプレイも3Dセンサーも搭載されない4.7インチの「iPhone 7s」、5.5インチの「iPhone 7s Plus」に関しては例年通り9月に発売されるとみられています。

なお、3DセンサーはiPhoneのフロントカメラに搭載されるとみられており、3D画像の奥行きを利用することで高速で正確な顔認証が可能となる他、遠近感のあるセルフィーが撮影できるようになることも予想されています。



[via 9to5Mac]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PAGE TOP