「iPhone 8」には世界初の3D顔認証カメラを搭載か!? – LG Innotekが供給へ

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

最近「iPhone 8」に関するリーク情報は「Touch ID」に関するものか、発売時期に関するものばかりですが、ここにきて新たに3D顔認証カメラ搭載の噂が浮上。

The Investorによると、LG Innotekが「iPhone 8」向けに世界初の3D顔認証カメラを供給することが明らかになりました。

SPONSORED LINK

「iPhone 8」ではFaceTimeカメラにも広角レンズを採用か

LG Innotekは「iPhone 7 Plus」と「LG G6」向けにデュアルカメラレンズを供給している企業で、「iPhone 8」向けにはFaceTimeカメラも供給するとみられています。

LG Innotekが供給する「iPhone 8」向けのFaceTimeカメラは3D顔認証機能を搭載したカメラとなるようで、現在の設備ではこれまでのカメラよりも小さいカメラを製造することが難しいため、同社はFaceTimeカメラの製造のために2,697億ウォン(約270億円)の設備投資を行うそうです。

この3D顔認証カメラは非常に小型ながら「Galaxy S8」などに搭載されている2D顔認証カメラに比べ大幅に精度が向上。Appleは過去に顔認証技術を専門とするイスラエルのベンチャー企業「RealFace」を買収したり、3D画像の奥行きを利用した顔認識技術の特許を取得したりもしているので、もしも本当に3D顔認証カメラが搭載されることになればかなり高性能な顔認証を期待することが出来ます。

また、Macお宝鑑定団Blogによると、3D顔認証だけのためにFaceTimeカメラがデュアルカメラになることは考えられず、本体背面に搭載されるiSightカメラと同じように28mm相当の広角レンズが搭載される可能性があるとのこと。

なお、デュアルカメラモジュールの価格は、通常のスマホ向けのカメラモジュールに比べて約4倍。アナリストの予測によれば、LG Innotekの第4四半期の売上は400億ウォンから1.5兆ウォンに一気に跳ね上がるとみられています。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PAGE TOP