「iPhone 8」には5.85インチの有機ELディスプレイが搭載され「AirPods」が同梱される!?

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

一番最近ではBluetooth 5.0が搭載され、6月に開催される「WWDC 2017」で発表されるとの噂もある「iPhone 8」ですが、9to5Macは、JP Morganのアナリストが公開したレポートによると、「iPhone 8」には「AirPods」が同梱される可能性があるようだと報じています。

スポンサーリンク

「iPhone 8」に「AirPods」が同梱される可能性はあるのか

今回公開されたJP Morganのレポートは、最新レポートというよりはこれまでのリーク情報をまとめたレポートで、「iPhone 8」には5.85インチの有機ELディスプレイが搭載され、下記の画像のように水平方向のedge-to-edgeディスプレイになると報告。

今回のレポートではこれまで報告されていたようなベゼルレスデザインではなく、左右のベゼルはなくなるものの上下のベゼルは残ったままになると予想されています。

また、「iPhone 8」の筐体には背面には2.5Dガラスとステンレスが採用され、「iPhone 7/7 Plus」のマイナーアップデート版である「iPhone 7s/7s Plus」の筐体にはアルミとガラスが採用されるとのこと。

さらに、「iPhone 8」は有機ELディスプレイが搭載されることによって、従来の液晶ディスプレイモデルより部品の小型化が可能になるため本体内部にスペースが空き、そこにロジックボードの積層化が採用されることでバッテリーの搭載容量が増加するとみられています。

そして、今回のレポートで一番注目すべき内容は「AirPods」の同梱。これまで一度も出てきたことのない情報ですが、JP Morganのレポートでは「iPhone 8」には「AirPods」が同梱される可能性があると報告されています。

流石に発売から今まで品薄が続いている「AirPods」が同梱されるとは考えにくいのが現状です。しかも製品として販売されている「AirPods」を無料で同梱するとなるとコストの面でも採算が合わないのではないでしょうか。

なお、同レポートではその他にもワイヤレス充電機能の搭載3Dセンシング機能の搭載、さらに1200万画素×2のデュアルカメラや700万画素のFaceTimeカメラの搭載なども報告されています。

もしも「AirPods」が同梱されるとなれば「iPhone 8」を購入したいと考えるユーザーも多いと思いますが、価格が850ドル〜900ドル(約95,000円〜100,000円)、高ければ1,000ドル(約11万円)以上になる可能性があると言われている「iPhone 8」なので、個人的には「AirPods」を同梱することによって価格が高くなってしまうのであれば、同梱物を減らしてでも価格を低く設定して欲しいですね。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク