「iPhone 8」は発売後に重度の供給不足に陥る!? – アナリストが”最悪のシナリオ”を予測

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleは、今年秋にベゼルレスデザインや有機ELディスプレイなどを採用し、大幅にアップグレードした新型iPhoneの「iPhone 8」を発表する予定。

しかし、ユーザーが「iPhone 8」を手にする日はまだ少し先になるかもしれません。著名アナリストが”最悪のシナリオ”を予測しているのでご紹介します。

スポンサーリンク

「iPhone 8」の発売は大幅に遅れ、発売後も供給不足に

以前、Touch IDをディスプレイ内部に埋め込む過程で問題が発生していることから発売が遅れると報じられたものの、数日前には「iPhone 8」の発売は遅れず10月に発売され、6月からは各部品の製造も開始されると報じられました。

しかし、Apple関連のリーク情報の正確さに定評のあるKGI Securitiesのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏は、以前にも報告していた「iPhone 8」は例年よりも遅い10〜11月に量産が開始されるという予測を再び報告。

しかも、順調に生産されたとしても発売後はしばらく重度の供給不足に陥り、数カ月は手に入れることが困難になるという”最悪のシナリオ”の可能性が高くなってきているとも報告していています。

また、Ming-Chi Kuo氏は、昨年後半に1億~1億1000万台の販売台数を達成したiPhoneが、この重度の供給不足に陥った場合は販売台数が8000万台から9000万台に減少するとも予測。Appleは今なお製造過程での問題を解決することが出来ておらず、「iPhone 8」の需要に追いつく程の生産が出来ないとしています。

ちなみに「iPhone 8」は今年9月に「iPhone 7s/7s Plus」とともに発表されるものの、ディスプレイ内部にTouch IDを埋め込む過程で技術的な問題が発生していることから生産に遅延が発生。どうしても埋め込むことが難しければTouch IDが本体背面に搭載、最悪の場合は廃止されるとまで報じられています。

さらに、「iPhone 8」には有機ELディスプレイや3Dセンサーに関する技術的な問題も発生。12月のホリデーシーズンには間に合うものの発売が数週間遅れるとも噂されています。

これらはあくまでも事前の噂でしかないので、もしかすると実際は順調に生産されていて、例年通り9月に発売されるのかもしれませんが、ここまで発売の遅れが指摘されているということはAppleが「iPhone 8」の製造に問題を抱えていることは間違いないと思います。

なお、今回の”最悪のシナリオ”を予測しているアナリストのMing-Chi Kuo氏は、「iPhone 8」に搭載される3Dセンサーが革新的なユーザー体験を提供できるかどうか、廃止の噂もあるTouch ID(指紋認証機能)が搭載されるかどうか、競合他社が「iPhone 8」に対抗できるような革新的な製品をリリースするかどうかに注目するべきだと述べています。

実際の「iPhone 8」がどんなデザインで、いつ発売されるのかはAppleにしか分かりませんが、昨年「iPhone 7/7 Plus」が発売されたときの供給不足を考えると、これだけ注目されている「iPhone 8」が極度の供給不足に陥ったとしても何ら不思議ではありません。

おそらく順調に生産されたとしても供給が追いつかないことが考えられるので、発売後すぐに「iPhone 8」を手にしたい方は今後の情報から目を離さないほうが良いかもしれませんね。



[via 9to5Mac]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク