曲面有機ELディスプレイやワイヤレス充電を搭載した「iPhone 8」の新たなコンセプト動画が公開!

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

これまで、白黒2色のセラミックボディが特徴のものや、名称が「iPhone X」に変更されたもの全面ディスプレイとTouch Barのようなツールバーが特徴となっている「iPhone 8」のコンセプト動画などを紹介してきましたが、新たに曲面有機ELディスプレイやワイヤレス充電を搭載したコンセプト動画が公開されています。

スポンサーリンク

曲面ディスプレイやワイヤレス充電機能が特徴

このコンセプト動画を公開したのは、これまでにもApple製品の非公式コンセプト動画を公開し、もはやお馴染みとなっているYouTubeチャンネル「ConceptsiPhone」で、今回のコンセプト動画は38秒と少し短めの動画となっています。

今回公開されたコンセプト動画の「iPhone 8」には、ここ最近になって情報が増えてきているディスプレイ内に埋め込まれたホームボタンや、曲面有機ELディスプレイなどの噂が反映されています。

また、多くの情報が出てきているワイヤレス充電機能も搭載されており、先日、Appleが、ワイヤレス給電の国際標準規格「Qi」の策定と普及を進める「Wireless Power Consortium」に参加したことも明らかになっているので、ワイヤレス充電機能が「iPhone」に搭載される可能性は高いとみられています。

ワイヤレス充電のための部品は背面のAppleマークに埋め込まれていますが、ワイヤレス充電は発熱量が多く「iPhone」内部の温度を上昇させてしまうと言われているので、この位置に部品を埋め込んでしまっては排熱が追いつかない可能性が考えられます。

なお、次期「iPhone」シリーズに関しては、初代「iPhone」から10周年を迎えることもあり、これまでにない程の量の噂が出てきていて、ディスプレイサイズだけでも4.7インチ、5インチ、5.5インチ、5.8インチなど情報が錯綜している状況です。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク