「iPhone 8」の新たなコンセプト画像が公開! – ベゼルレスデザインでファンクションエリアを搭載

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleは、今年の秋にアップグレードモデルとなる「iPhone 7s」「iPhone 7s Plus」に加え、ハイエンドモデルの「iPhone 8」を発表するとみられていますが、本日、以前から噂されている「ベゼルレスデザイン」や「ファンクションエリア」を採用した「iPhone 8」のコンセプト画像が公開されています。

スポンサーリンク

ホームボタンの廃止とベゼルレスデザインが特徴

このコンセプト画像を公開したのはAlHasan Husni氏で、これまでの噂を採用し、ホームボタンの廃止、ファンクションエリアの採用が特徴となっており、筐体デザインも噂されているベゼルレスデザインとなっています。

また、曲面ディスプレイが採用されることで、エッジ部分がサイドに回り込む形になり、正面から見るとかなりディスプレイ領域が広く見えるのも特徴となっています。

さらに、ロック画面の下部では「Unlock with touch ID」の文字を見て取ることができ、ホームボタンは廃止されるもののファンクションエリアに「Touch ID」が埋め込まれているものの考えられます。

なお、その他にも「iOS 11」での搭載が噂されている「ダークモード」の画像も公開されており、画面全体のUIが従来の白色から黒色に変わることで省電力性能が向上するとみられています。

あくまでもこれらの画像はコンセプトイメージなので、Appleが発表する「iPhone 8」がこの通りになるとは思えませんが、個人的には白色のUIは暗いところでは目が痛くなるので「iOS 11」の「ダークモード」が楽しみです。


[via 9to5Mac]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク