「iPhone 8」の最新コンセプト動画が公開 – ベゼルレスデザインが採用され真っ白なモデルも登場

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

ここ最近、各メディアやジャーナリストによるリーク合戦が激化してきている「iPhone 8」ですが、そんな中ディスプレイ内部に「Touch ID」やFaceTimeカメラを埋め込み、ベゼルレスデザインを採用した最新のコンセプト動画が公開されました。

これまで公開されたコンセプト動画と比べてもかなり美しく、本当に「iPhone 8」がこんな感じだったらと思うようなデザインになっているので是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

見惚れる美しさの真っ白なモデルも登場

コンセプト動画を公開したのは、Apple製品の非公式コンセプト動画でお馴染みとなっているYouTubeチャンネル「ConceptsiPhone」で、デザインはデザイナーのThiago M Duarte氏とRan Avni氏が担当。

まず、フロント部を確認するとベゼルレスデザインでホームボタンが廃止されている他、FaceTimeカメラもディスプレイ内部に埋め込まれています。

デュアルカメラは最近公開されたダミーユニット(模型)図面に採用されていた縦向きの配置ではなく、従来のデュアルカメラと同じく横向きで搭載。

また、筐体の上部にも2つのスピーカーが搭載。これにより「iPhone 8」では「iPad Pro」のように合計4つのスピーカーが搭載されることになり、「iPhone 7」シリーズなどよりも迫力のあるサウンドが楽しめるようになります。

背面に搭載されるという噂や、ディスプレイへの内蔵が難しい場合は廃止されるとの噂もある「Touch ID」はディスプレイ内部に埋め込まれていて、やはり「Touch ID」は前面がしっくりきますね。

コンセプト動画内には見惚れる美しさのホワイトモデルも登場。ベゼルレスの全面ディスプレイが採用されても画面下部にはよく使うアプリを割り当てられるドックが搭載されています。

このホワイトモデルは本当にキレイなので、もしもこのカラーのホワイトモデルが発売されたら間違いなく人気モデルになるのではないでしょうか。個人的にもこのホワイトモデルがラインナップされれば、絶対にホワイトを選択しようと思います。

ここ最近も5m離れた位置から充電できる遠距離ワイヤレス充電の搭載や、量産開始が10月〜11月にずれ込み、さらに発売が遅れるなどの噂が出てきていますが、実際にはどのような「iPhone 8」が発売されるのでしょうか。ユーザーががっかりするようなデザインだけは避けてもらいたいですね。

なお、コンセプト動画は以下から視聴することが出来ますので、是非一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク