「iPhone 8」の最新コンセプト映像が公開 – 3Dセンサーによる顔認証や背面に表示される通知が特徴

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

これまで様々な「iPhone 8」のコンセプト映像を紹介してきましたが、新たに3Dセンサーによる顔認証や背面に表示される通知が特徴の最新コンセプト映像が公開されました。

SPONSORED LINK

顔認証や背面通知が特徴の「iPhone 8」

このコンセプト動画を公開したのは、これまでにもApple製品の非公式コンセプト動画を公開し、もはやお馴染みとなっているYouTubeチャンネル「ConceptsiPhone」で、今回のコンセプト動画は3Dセンサーによる顔認証や背面に表示される通知が特徴となっています。

まずディスプレイ上部のフロントカメラは2つ並べられていて、3D画像の奥行きを利用した顔認証機能が搭載されています。

本体にはガラス製の筐体が採用されていて、背面にもディスプレイが搭載され、アプリの通知が表示されるようになっています。

また、背面がディスプレイになったことでAppleロゴのりんごマークを光らせることも可能に。

今回のコンセプトはそれほど奇抜なアイデアが採用されているわけではないものの、全体的に上手くまとめられていて「iPhone 8」の発表がより楽しみになるデザインとなっていますので、是非一度ご覧になってみてください。

なお、これらはあくまでもコンセプト動画なので、Appleが実際にどのような技術を「iPhone 8」に搭載するかは不明ですが、次期iPhoneにはワイヤレス充電の搭載ホームボタンの廃止全面液晶ディスプレイ曲面ディスプレイなどの噂があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク