「iPhone 8」の最新コンセプト動画が公開 – これまでの有力なリーク情報を反映

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Apple製品などのリーク情報を提供しているOnLeaks(@OnLeaks)氏のリーク情報を元にGear by MySmartPrice(@GearIndia)が作成した「iPhone 8」のレンダリング画像が公開。

同時にレンダリング画像をまとめたコンセプト動画も公開されていますので、是非チェックしてみてください。

SPONSORED LINK

やはりTouch IDはディスプレイ内部に埋め込みか

今回公開されたレンダリング画像では、これまでの有力なリーク情報が全て反映。噂通りホームボタンが廃止されてベゼルレスデザインになり、ディスプレイのある全面は完全にフラットな状態に。おそらく2.5Dディスプレイが搭載されているものと思われます。

それとは逆に、本体背面にはデュアルカメラが縦向きに並んでいて、ずいぶんとカメラが飛び出ている模様。「iPhone 7 Plus」でもデュアルカメラ部分は飛び出ていますが、ここまで飛び出ると傷やレンズの割れが心配になりますね。

また、スリープボタンが若干長く伸びている他、背面を見る限りではTouch IDが搭載されていないので、当初の予定通りTouch IDはディスプレイ内部に埋め込まれているのでしょうか。

さらに、ディスプレイ面の上部にはFaceTimeカメラや3Dセンサーと思わしきパーツが4つ搭載。「iPhone 8」には超音波を用いた生体認証システム虹彩スキャン技術が搭載されるとも噂されているため、そういった関係のパーツの可能性もあります。

今回のレンダリング画像はかなり精巧に作られていて、これまでの有力な情報を忠実に再現しているのでかなり正確なデザインの「iPhone 8」の可能性が高いのではないでしょうか。

さずがに、このデザインがそのままリリースされるとは思えませんが、かなり綺麗なレンダリング画像になっているので、これらの画像をまとめた以下のコンセプト動画も是非チェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PAGE TOP