近未来的な「iPhone 8」の最新コンセプト動画が公開 – 遠距離ワイヤレス充電やフルスクリーンが特徴

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先日、これまでの有力なリーク情報を全て反映した「iPhone 8」のコンセプト動画や、YouTubeなどのいつものアプリを全面ディスプレイで表示した場合のコンセプトイメージをご紹介しましたが、新たに遠距離ワイヤレス充電やフルスクリーンディスプレイを搭載した「iPhone 8」の最新コンセプト動画が公開されました。


スポンサーリンク

近未来的な「iPhone 8」の最新コンセプト動画

今回のコンセプト動画を公開したのは、今やApple製品の非公式コンセプト動画ではお馴染みとなっているYouTubeチャンネル「ConceptsiPhone」で、今回の「iPhone 8」はこれまでとは少し方向性が違い近未来的なデザインに。

次期「iPhone」シリーズのプレミアムモデルである「iPhone 8」は、ベゼルレスデザインが採用されることによってフロント部分が全面ディスプレイになると予測されていますが、フロント部分が全てディスプレイになることで周囲の風景と完全に同化させることも可能です。

また、これまでの噂で「iPhone 8」ではホームボタンが廃止されるとみられているので、指紋認証の「Touch ID」はディスプレイ内部に埋め込まれています。

さらに、本体の側面を指でなぞることで音量の操作が可能に。これまでのボタン操作から近未来的に一段階進化した感じがしますね。

「iPhone 8」にはワイヤレス充電機能が搭載されることが確実視されていますが、今回のコンセプト動画では、過去に一度だけ情報が報じられた5m離れた位置からでもiPhoneを充電できる遠距離ワイヤレス充電が採用。

実際に「iPhone 8」に遠距離ワイヤレス充電機能が搭載される可能性はかなり低そうですが、もしも搭載されれば充電ケーブルに制限されることなく自由に動けるようになるのでかなり便利そうな機能ですね。

ディスプレイには緩やかなカーブの曲面OLEDディスプレイが採用されていて、本体側面までディスプレイが回り込むデザインに。

背面のカメラには現行モデルの「iPhone 7 Plus」と同じ横並びのデュアルカメラが搭載。最近は「iPhone 8」は縦並びのデュアルカメラになるとの情報が多く出てきていますが一体どうなるのでしょうか。

次期「iPhone」シリーズは4.7インチの「iPhone 7s」、5.5インチの「iPhone 7s Plus」、そしてプレミアムモデルとなる5インチの「iPhone 8」の3ラインナップに。

これまで「iPhone 8」は「Touch ID」をディスプレイ内部に埋め込む段階での問題3Dセンサーに関する技術的な問題が発生しているため大幅に発売が遅れると散々言われてきましたが、ここ最近は「iPhone 8」は遅れずに例年通り9月に発売されるという情報が多く報じられています。

なお、一番最近の情報では「iPhone 8」はストレージ容量が128GBからラインナップされ、128GBが999ドル(約11万3,000円)に、256GBが1,099ドル(12万4,000円)になるとの予測が報告されています。

今回のコンセプト動画は、さすがに少し近未来的すぎるデザインなので、実際の「iPhone 8」がこのようなデザインになるとは考えにくいですが、遠距離ワイヤレス充電機能やフルスクリーンディスプレイなど、もしも「iPhone 8」に採用されたらワクワクするようなコンセプト動画となっていますので是非一度チェックしてみてはいかがでしょうか。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク