「iPhone 8」は9月に発売か – 量産に向けての準備が始まる

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleが今年発表する「iPhone 8」は例年よりも遅い10〜11月に量産が開始され、発売も大幅に遅れると噂されていますが、iPhoneなどのリーク情報でお馴染みのOnLeaks(@OnLeaks)氏は、「iPhone 8」は9月の発売に向け8月に量産が開始されるようだと報告しています。

SPONSORED LINK

「iPhone 8」は例年通り9月に発売される

OnLeaks(@OnLeaks)氏によると、Foxconnで「iPhone 8」の量産に向けたヒアリングやトレーニングが始まっているそうで、先月にはMacお宝鑑定団Blogが「iPhone 8」がDVT(設計確認試験)に進んだと報じていましたが、6月から7月にはPVT(生産検証試験)が開始されるとのこと。

また、このPVT(生産検証試験)を無事にクリアすれば9月の発売に向けて8月には量産が開始されるそうで、今回の情報が正しいのであれば「iPhone 8」の発売は遅れることなく9月に開始されるということになります。

先日には6月から「iPhone 8」の生産が始まり、発売が遅れることはないと報じられましたが、これまでは散々「iPhone 8」の発売は例年より遅くなると報じられていました。

8月に量産が開始されるとなれば「iPhone 8」は遅れることなく発売されるということになりますが、Apple関連のリーク情報の正確さに定評のあるKGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、何度も10月〜11月まで発売が遅れると報告しており、順調に生産されたとしても発売後はしばらく重度の供給不足に陥り、数カ月は手に入れることが困難になるとも伝えています。

なお、ここ最近「iPhone 8」は例年通り9月〜10月に発売されるという情報が多くなってきていますが、これまでは「Touch ID」をディスプレイ内部に埋め込む段階での問題3Dセンサーに関する技術的な問題が発生しているため大幅に発売が遅れると噂されていました。

発売が近づくにつれて様々な情報が出てきて錯綜気味の「iPhone 8」ですが、実際にどのようなデザインの端末が発表され、いつ発売されるのか気になりますね。例年通りのスケジュールで発売され供給不足にならなければベストなのですが…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PAGE TOP