「iPhone 8」ではいつものアプリがこんなに違う – 最新コンセプトイメージが公開

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleが今年発表する「iPhone 8」にはベゼルレスデザインが採用され、フロント部分が全面ディスプレイになると噂されています。

いつも何気なく使っているアプリでも全面ディスプレイで表示すると全く変わった印象に。そんなコンセプトイメージをまとめた動画が公開されたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

毎日使っているアプリもフルスクリーンで全く違った印象に

「iPhone 8」の全面ディスプレイにフォーカスしたコンセプト動画を公開したのはYouTubeチャンネル「DailyTekk」で、公開された動画ではいつも使っているアプリを「iPhone 8」の全面ディスプレイで表示させた場合のコンセプトイメージがまとめられています。

まずは、日々アップデートやアプリのインストールで使っているApp Store。表示領域が広くなったことで1ページに表示されるアプリの本数が増え、おすすめのアプリや新着アプリが一気に確認できるようになります。

Apple純正の「ミュージック」アプリも「iPhone 8」で表示するとこんな感じに。アーティスト名や曲名が見切れにくくなる他、コンセプトイメージには含まれていないものの歌詞を表示したときにもスクロールせずにより多くの歌詞が一気に見れるように。

YouTubeアプリでもサムネイルが大きくなり、検索結果などで1ページで確認できる動画の本数が増加。

フルスクリーンモードで動画を再生したときにも「iPhone 8」の全面ディスプレイなら、これまでより大きな画面で動画を見ることが可能に。

あとで読みたいウェブページを保存しておけるサービス「Pocket」を「iPhone 8」で表示したコンセプトイメージも公開。まるで1枚の紙のように大きな画面で保存した記事を読むことができるように。

ディスプレイの表示領域が増えたことでInstagramの写真も大きく表示。もちろん全画面表示にすればもっと大きい画像を見ることもできます。

「写真」アプリの写真もディスプレイ全面に表示することができ、これまでよりも美しい写真を楽しむことが出来るようになるとのこと。

「iPhone 8」ではTouch IDが有機ELディスプレイ内部に埋め込まれると噂されているものの、Touch IDの埋め込みに関する技術的な問題のせいで発売時期が遅れていて、問題が解決できない場合はTouch IDが廃止されるか、もしくはTouch IDが本体背面に搭載されるとみられています。

なお、その他にもステレオサウンドや防水性能が強化されるという情報や、信憑性は低いものの最近では「AirPods」の同梱今年6月に開催される「WWDC 2017」で発表されるなど様々な情報が報じられており、発表が近づくにつれてどんどん待ち遠しくなってきますね。

[via Cult of Mac]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク