3Dプリンターで作成された「iPhone 8」のモックアップが公開

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

最近、詳細なサイズなどが書かれた図面金型、さらに「iPhone 7/7 Plus」「Galaxy S8/S8+」との比較画像モックアップが公開されている「iPhone 8」。

そんな「iPhone 8」にはホームボタンの廃止ベゼルレスデザインの全面ディスプレイの採用など様々な噂が飛び交っていますが、Cult of Macは、独自に3Dプリンターで作成した「iPhone 8」のモックアップを公開しました。

SPONSORED LINK

中国のケースメーカーから入手した図面やケースを基に作成した「iPhone 8」のモックアップ

Cult of Macが独自に作成し公開した「iPhone 8」のモックアップは、中国のケースメーカーYesGoから入手したケースのデータを基に作成されたもので、YesGoのケースは大手アクセサリブランドのSpeckやOtterboxと同じ工場で製造されているとのこと。

今回のケースから計測された「iPhone 8」のサイズは高さ143.59、横幅70.94、厚さ7.56㎜で、これまで報じられていたサイズと同じく「iPhone 7」よりは少し大きく、「iPhone 7 Plus」よりは少し小さいサイズになっています。

また、これまであまり伝えられることのなかった「iPhone 8」の重量に関しても、「iPhone 7」より少し重くなることが予想されています。ちなみに「iPhone 8」「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」それぞれのサイズは以下の通り。

モデル名 高さ 横幅 厚さ
iPhone 8 143.59mm 70.94mm 7.56mm
iPhone 7 138.3mm 67.1mm 7.1mm
iPhone 7 Plus 158.2mm 77.9mm 7.3mm

デザイン的には特に新しい情報はなく、これまでに報じられた通りデュアルカメラレンズは縦並びになっていて、LEDフラッシュはレンズとレンズの間に収まる形に。

最近はそれほど「iPhone 8」のデザインに関する新しい情報が出なくなってきていて、先日には「iPhone 8」はすでに最終デザインが決定しているとも報じられているので、ほぼほぼ現在リークされているデザインで決定なのかもしれませんね。

なお、Cult of Macは今回の3Dプリンターで作成した「iPhone 8」のモックアップの動画も公開しているので、気になる方は以下の動画をチェックしてみてください。

【関連記事】
最新のリーク情報を反映した「iPhone 8」と「iPhone 7/7 Plus」や「Galaxy S8」シリーズの比較
「iPhone 8」はやはりTouch IDがディスプレイに内蔵 – アスペクト比は18.5:9に
「iPhone 8」のダミーユニットのハンズオン動画が公開
「iPhone 8」は128GBが999ドル(約11万3,000円)256GBが1,099ドル(12万4,000円)に!?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク