「iPhone 8」の発売は遅れず10月に!? – 各種部品が6月から製造開始

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

予てから散々発売が遅れると言われ続けている次期「iPhone」のプレミアムモデル「iPhone 8」ですが、ここにきて遅れることなく発売されるという情報が報じられています。

Economic Daily Newsによると、「iPhone 8」は9月のスペシャルイベントで発表され、例年通り発売は10月になるとのこと。

スポンサーリンク

「iPhone 8」の部品は7月から量産体制に入る模様

「iPhone 8」に搭載される予定の「A11」プロセッサは台湾のTSMCによって2017年6月から生産が開始され、2017年7月後半には量産体制に入るとのこと。

さらに、2017年6月にはZhen Ding TechnologyとKinsus Interconnect Technologyの2社によるフレキシブル基板の生産も開始されるそうで、各種部品の生産が進めば「iPhone 8」自体の組み立ても近いうちに開始されるとみられています。

すでに「iPhone 8」の組み立てを担うFoxconnやWinstron、Pegatronなどは、組み立て開始に向けて新たに雇用した従業員の訓練を開始しているそうです。

なお、「iPhone 8」にはTouch IDが有機ELディスプレイ内部に埋め込まれるとことが予定されているものの、そのTouch IDの埋め込みに関する技術的な問題のせいで発売時期が遅れていると報じられていましたが、Appleはこの技術的な問題を解決できたということでしょうか。

以前、埋め込みの技術的な問題が解決できない場合はTouch IDが廃止されると報じられていたこともあるので少し心配ですが、もしかすると思ったよりも早く「iPhone 8」を手に入れることが出来るのかもしれませんね。

ただ、10月に発売されたとしても昨年の「iPhone 7」シリーズの時のように大幅な供給不足に陥りそうな予感もします。


[via DIGITIMES]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク