「iPhone 8」のTouch IDは電源ボタンかディスプレイに内蔵へ – 新たなケースや金型がリーク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

「iPhone 8」ではホームボタンが廃止され、フロント部分が全面ディスプレイになるものの、ホームボタンを廃止したことによってAppleは「Touch ID」の置き場所を決め兼ねていると噂されています。

先日の記事では、新たに「Touch ID」が本体背面に搭載された図面が流出していましたが、本日、これまでにも「iPhone 8」のリーク情報を数多く公開しているBenjamin Geskin‏(@VenyaGeskin1)氏が、Twitter上で「iPhone 8」の新たな金型の写真を公開しました。

スポンサーリンク

「iPhone 8」のTouch IDが背面に搭載されることは99%ない

Benjamin Geskin氏が公開した「iPhone 8」の金型は、おそらくダミーユニット(模型)用の金型。複数枚の写真が公開されていますが中には「iPhone 7」や「iPhone 7 Plus」と比較した写真も。

これまで「iPhone 8」の端末サイズは「iPhone 7」の4.7インチと同じままで、ディスプレイサイズは「iPhone 7 Plus」の5.5インチよりも大きい5.8インチになると報じられていましたが、今回公開された写真に映る「iPhone 8」は「iPhone 7」より大きく「iPhone 7 Plus」より小さい中間のサイズに。

また、電源ボタンも大型化していて、同氏によるとこの大型化された電源ボタンかディスプレイ内部に「Touch ID」が内蔵されるとのこと。しかも、その確率はほぼ100%で「iPhone 8」のTouch IDが背面に搭載されることは99%ないとも発言しています。

さらに、Benjamin Geskin氏は、Apple最大のサプライヤーでiPhoneの製造を請け負うFoxconnの情報に基づいて作られたとするサードパーティ製の「iPhone 8」用ケースの写真も同時に公開。

公開された「iPhone 8」用のサードパーティ製ケースは、先程の情報とは違い電源ボタンのサイズが現行モデルの「iPhone 7」や「iPhone 7 Plus」と同じサイズに。

同氏によると、これはFoxconnの情報が間違っていて金型は間違っていないそうで、「iPhone 8」で電源ボタンが大型化されるという情報にかなり自信がある様子。

さすがに、iPhoneの製造を請け負うFoxconnの情報のほうが間違っていると言い切るのはどうかと思いますが、「iPhone 8」には複数のプロトタイプが存在していることが判明しているので、今回公開された金型かサードパーティ製の「iPhone 8」ケースは、どちらかがプロトタイプを基に作られたものだと思います。

これまで、様々な「Touch ID」に関する情報が報じられてきましたが、ここにきて新たな情報が公開されリーク合戦が激化。ユーザーはどれを信じればいいのかわからなくなってきていますね。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク