次期「iPhone」ではTouch IDと顔認証を組み合わせた2段階認証が採用か!?

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

MacRumorsが、KGI SecuritiesのアナリストであるMing-Chi Kuo氏によると、Appleは2017年に発売する次期「iPhone」で、新しい生体認証技術、新しいデザイン、フレキシブルな有機ELディスプレイなどを採用する可能性があると報じています。

スポンサーリンク

Touch IDと顔認証を組み合わせた2段階認証に

次期「iPhone」では、 より優れた3D Touchのユーザー・エクスペリエンスを提供するために、現在のFPCB(フレキシブルプリント基板)センサーから、フィルムセンサーに切り替わる可能性があるそうで、タッチ操作時の圧力でフレキシブルOLEDパネルが変形するのを避けるために、金属製の部品をフィルムセンサーの下に配置し、より強固な構造にするとのこと。

また、Appleは、次期「iPhone」に向けてフルスクリーン(ゼロベゼル)のフォームファクターを計画しており、フルスクリーン(ゼロベゼル)のためのセキュリティ強化として、新しいTouch ID技術を開発しているそうで、現行の”アンダーガラス”の指紋認証デザインは、フルスクリーンのフォームファクター設計の要件を満たしていないことから、現在の電流容量型から光学システムへ切り替えられる可能性もあるとしています。

さらに、現在の指紋認証システムは、セキュリティを強化するために最終的には顔認証システムに切り替わるとみられていますが、アルゴリズム、ハードウェア設計、データベースの構築などの技術的な問題が解決しない場合には、指紋認証と顔認証を組み合わせたシステムになる可能性もあるそうです。

なお、2017年は「iPhone」の発売から10周年を迎えることもあり、FaceTimeカメラやTouch IDなどが有機ELディスプレイ内に埋め込まれるという情報や、ワイヤレス充電機能の搭載、有機ELディスプレイの搭載、 ベゼルレスディスプレイの採用などの大幅なアップデートが行われると言われていますが、その他にもマイナーアップデート版の「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」になるとの情報も出てきています。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク