「iPhone 8」のTouch IDはやはり本体背面に搭載か!? – 新たな「iPhone 8」の図面も公開

2017年5月11日

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

「iPhone 8」では有機ELディスプレイ内に埋め込まれると噂されていたものの、最近では製造過程で問題が発生しているため廃止される可能性すらあると言われている「Touch ID」ですが、もしかするとAndroid端末のように本体背面に搭載される可能性があるかもしれません。

スポンサーリンク

やはり「iPhone 8」のTouch IDは本体背面に搭載

MacRumorsは、香港の株式調査会社CLSAのアナリストによると、「iPhone 8」には引き続きTouch IDが搭載されるものの、ディスプレイ内部に埋め込まれるのではなく、本体背面に搭載されるようだと報じています。

約1ヶ月前には「Touch ID」をディスプレイ内部に埋め込む過程で問題が発生しているので「iPhone 8」は発売が遅れると報じられ、同時にAppleが実行できる解決策としては以下の3つがあると報告されていました。

・Touch IDによる指紋認証を廃止し、3Dセンサーによる顔認証に移行する
・Touch IDを背面に移動させ、前面での指紋認証を諦める
・iPhone 7s/7s Plusと同時に発表するものの、iPhone 8のみ発売を遅らせる

今回CLSAのアナリストであるSebastian Hou氏とBrian Chen氏がサプライチェーンを調査した結果、セキュリティやユーザーフレンドリー、さらに「Apple Pay」などの面から引き続きTouch IDが搭載されるのは確実。

しかし、Touch IDをディスプレイ内へ搭載する段階で発生している問題を解決できていないことから、「iPhone 8」のTouch IDはサムスンの「Galaxy S8」のように本体背面に搭載される可能性が高いと報告しています。

また、同時にCLSAのアナリストはTouch IDを背面に搭載した「iPhone 8」の図面も公開。本体サイズは144×71×7.69㎜で「iPhone 7」よりも少し大きく、「iPhone 7 Plus」よりは少し小さくなっていて、本体前面上部には3Dセンサーも搭載されています。

公開された図面を見る限りでは「iPhone 8」のTouch IDは、本体背面のAppleロゴの少し下に搭載されていますが、同じく本体背面に指紋認証センサーが搭載されたサムスンの「Galaxy S8」は使いにくいというユーザーの声が目立つので、本当に「iPhone 8」のTouch IDがこの位置に搭載されても大丈夫なのか気になるところですね。

なお、「iPhone 8」には複数のプロトタイプが存在しているといわれているので、今回の本体背面にTouch IDを搭載するというのも試作機の1つなのかもしれませんが、他社と同じ、かつユーザビリティを落とす配置をAppleがするとは思えないので、流石に本体背面へのTouch IDの搭載は考えにくいのではないでしょうか。

個人的にも背面に搭載された指紋認証センサーは非常に使いにくそうなので、Touch IDは本体前面に搭載してほしいですね。

【追記】
最近「iPhone 8」のダミーユニット端末の内部構造の解説が書かれた図面、さらに5mの遠距離ワイヤレス充電機能の搭載などの情報を公開し勢いに乗っているBenjamin Geskin(@VenyaGeskin1)氏が、この情報は1000%偽物であると完全に否定しています。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク